今年も早いもので、もう半年が過ぎました。年々暑くなっている日本の夏、いよいよ本格的な紫外線対策が重要な季節です。日焼け止め、日傘、UVカットウェア、サングラスなどを駆使して、徹底的に紫外線をガードし日焼けを防がなければなりません。特にメイクは乳液やファンデーションなど、使うアイテムすべてに「UVカット」がついているとよりいいでしょう。

特に今夏は、この暑さの中でもマスク着用が必須という異常事態です。一部からは「メイクがラクになった!」と喜びの声も聞かれますが、そのぶん紫外線対策を怠っていませんか? マスクから露出しているオデコや頬の一部などは、紫外線にさらされていることをお忘れなく。

 

そして怖いのが、マスクの色。最近でこそ手作りマスクでおしゃれにきめている人もいますが、「白のマスク」を着用している方が多いと思います。

ここで少し話題はそれますが、皆さんは白い服と黒い服、どちらが夏に適しているかご存じですか? 「黒は熱を集める」という話を聞いたことがある方も多いと思いますが、白の服と比べ、黒い服は太陽の光を吸収してしまうため、そのぶん熱も吸収して温度が上昇します。

 

一方、白は光を反射して熱はこもりません。「それなら白を着ればよいのね」と思いがちですが、そうとは言い切れません。素材にもよるものの、黒に比べ、白は紫外線を通しやすいので服の下も日焼けしてしまうリスクが高くなります。

話をマスクに戻しましょう。こうした理由から紫外線はマスクを少なからず通過するため、マスクで見えないところもしっかりと対策をすることが必要です。さらに白が光を反射するということは、アスファルトなどで起こる「照り返し」が皮膚上でも起こり得ます。白いマスクをしていると、紫外線を通すだけでなく、周辺の皮膚が日焼けしてしまうことがあるのです。

これは洋服や日傘などでも同じこと。特に日傘は、外側に熱を吸収しない白、内側には光を反射しない黒を利用したものを選ぶのがベスト。日差しは白で跳ね返し、アスファルトからの照り返しは黒で吸収するといった具合です。コスメは「SPF、PA」、洋服は「UPF」が紫外線カット率等を表します。このアルファベットの数値が大きいものがおすすめです。

 

ここまでは多くの女性がしっかりと認識して、対応していると思われます。しかし紫外線は皮膚がんや白内障の原因にもなり得る怖いもの。紫外線は女性の大敵だと思われがちですが、実際は男性も対策が必須です。

 

最近は「日傘男子」なる言葉も出てきましたが、外出の際には日傘と日焼け止めを忘れずに。日焼け止めは汗をかいたら落ちてしまうため、携帯してこまめに塗り直しましょう。

 

いよいよ夏本番。熱中症対策と同じくらい紫外線対策に力を入れ、美しい肌を保ちましょう。