このたびの九州地方を中心とした豪雨により、被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

いよいよ本格的な夏を迎えつつありますが、7月に入ってからというものの、荒れた天気が続いています。本日7月13日より3日間、全国各地で大雨が予想されており、厳重な警戒が必要とのこと。皆さま十分お気をつけください。

夏本番を迎えるにあたり、熱中症や日焼けの各対策により力を入れたいところ。特に年々強くなる紫外線は、健康面でも美容面でもしっかりブロックしなければなりません。

 

夏の日焼けには、日焼け止めクリームやUVカットコスメはもちろんのこと、日傘・サングラス・服・帽子といったUVカットグッズなど、あらゆる防止策があります。そして近年登場した「飲む日焼け止め」は、若い女性を中心に注目を集めています。

「飲む日焼け止め」は、日焼け対策の機能性素材が含有されたサプリメントなど、文字通り「飲んで」、紫外線対策をするものです。特に有名な素材が「ニュートロックスサン™」と「ファーンブロック🄬」です。

ニュートロックスサン™は、シトラスとローズマリーの抽出エキスを原料としたもの。「コラーゲンの破壊を防ぐ」「細胞内の保護」「炎症の最小化」の3つのパワーで、紫外線を浴びて発生する活性酸素をコントロールし、肌の細胞の炎症を抑えるそう。日焼け後の赤みの減少、長期摂取により、紫外線に対する防護作用の向上や肌弾力の向上、シワの減少など、日焼け止め効果と美肌効果が明らかになっています。

ファーンブロック🄬は、シダから抽出された植物エキス。世界50カ国以上で販売されており、その強い抗酸化力で、サプリメントや日焼け止めのコスメ原料としても使用されています。

ただし、飲む日焼け止めだけでこの強い紫外線のすべてがカットできるわけではなく、無防備に肌をさらせば日焼けは免れません。日焼け止めやそのほかUV対策をおこなった上で、あくまでも補助的な役割として、飲む日焼け止めを飲みましょう。UV対策をしているのに気づけば肌が赤くなっているといった人はもちろん、「汗で日焼け止めクリームが落ちてしまったけれど、今は塗り直す時間がない!」「混雑している場所なので日傘が差せない!」など緊急事態に備えて飲むことがおすすめです。

そしてこの飲む日焼け止めには、普段の食生活へのヒントが隠されていると思いませんか? ニュートロックスサン™もファーンブロック🄬も、どちらも植物由来の抗酸化成分。そう、やはり活性酸素に対するは抗酸化成分! この飲む日焼け止めの2つの原料は肌、特に日焼けに対してのエビデンスがありますが、「対活性酸素」という括りで考えれば多くの植物にそのチカラが備わっています。万全の日焼け対策と飲む日焼け止めに加え、毎日の食事に抗酸化作用のある夏野菜や果物を取り入れてみてくださいね。