将来、認知症にならないために、皆さんはどんな取り組みを行っていますか? 現代は脳にいい食べ物や生活習慣、脳トレなどさまざまな情報があふれ、「やるべきことが多すぎてよくわからない」という人も少なくないはず。継続の大切さは理解していても、3日坊主になってしまったり、新しく知った「認知症対策習慣」に移行したりと、続けることが困難な人も多いと思います。

こうした生活習慣改善には、日々やるべきことを教えてくれ、記録をとってモチベーションを高めてくれるパートナーがいるとよいのかもしれません。しかし、パーソナルトレーナーについてもらおうと思っても、時間的な制約や金銭的な負担は大きいでしょう。

そんな悩みを解消するために、このほど誕生したのがアプリ「Easiit(イージット)」です。この「Easiit(イージット)」の特徴的なところは、よくある体調管理アプリではなく、認知症対策に特化したブレインパフォーマンスアプリであること。体と脳の健康データを視覚でとらえることができ、その情報をもとに私たちの生活をサポートしてくれます。認知症領域のデジタル・プラットフォーム構築をめざすエーザイと、ゲームやスポーツなど各分野のノウハウをもとにヘルスケアサービスを提供するDNA子会社・DeSCヘルスケアが開発したもので、利用料は無料。iOS版は7月28日より配信されています(Android版は8月末に配信予定とのこと)。

「Easiit(イージット)」は、使用者の食事や睡眠、体重、歩数などのライフログをもとに、週替わりで食事の内容やウォーキングなど運動に関する個別のメニューを提示してくれるそう。「どんな食事がいいのかわからない」「いつも同じ運動は飽きる」という人におすすめです。特に食事記録は写真をアップするだけで判定してくれ、ウェアラブルデバイス「Fitbit」との連携で歩数・睡眠時間・体重の自動入力も可能。手間がかからず忙しい人にもピッタリのアプリです。提案された食事や運動メニューを実施・記録しながら、独自のスコアリングの数値を確認することで、モチベーションアップにもつながります。

秋にはエーザイが販売している法人向けブレインパフォーマンスチェックツール「のう KNOW」のデータ連携機能が搭載するほか、年内には多数のコンテンツを付属して高機能化した有料版もリリースされる予定。「機能がありすぎて使いこなせない!」となる前に、今からダウンロードして利用を始めておくのも手です。

 

日々の取り組みをルーティン化するためには、こうしたアプリのサポートを受けるのが効果的。しかも「Easiit(イージット)」なら、アプリを利用するたびに貯まるマイルをギフト券などに交換できる特典も。日々の健康と認知症対策が手軽に、しかもお得にできるのは嬉しいポイントです。もちろんこの「Easiit(イージット)」に限らず、健康管理アプリはたくさんあるので、ご自身の使いやすいものを選んで試してみてください。

 

[参考]

https://www.eisai.co.jp/news/2020/news202047.html