適度な運動は、人間の体に良い影響を与えます。「そんな当たり前のこと……」と思う人も多いかと思いますが、実際にはその「適度な運動」が難しい。体を動かすことが苦手な人はもちろん、運動好きだって、忙しい日々のなかでその時間を確保するのに苦労している人も多いはずです。そこで、運動を続けるモチベーションがアップしそうなニュースを発見したので、取り上げてみたいと思います。

そのニュースとは、タイトルにある通り、「運動する人は肌バリア機能が高い」ということ。これは今年4月に株式会社ポーラから発表されたもので、運動する人が、しない人に比べてより美肌であることが、肌分析スコアからわかったというニュースです。運動=美肌というと血流が良くなったり、老廃物が排出されたりすることによるものといったイメージがありますが、今回は「バリア機能の高さ」。これは見逃せません。

ポーラでは肌ポテンシャル分析を行うパーソナライズドサービス「APEX(アペックス)」の提供を通じて、30年・1870万件の肌ビッグデータを蓄積しているそう。その際のカウンセリングシートの「運動不足」にチェックした人としなかった人で、肌状態に有意な差があるかどうかを調査。ポーラ命名「マイクロダスト🄬」(排気ガスやチリ・ホコリなどPM2.5、黄砂、タバコの煙、花粉などの総称)や「科学的刺激」に対する肌の抵抗力、そして「ホルモンバランス」の良さの3項目で有意差が認められ、“運動する人”のほうが、肌バリア機能が高いことが判明しました。

今年に入りポーラでは「運動をして筋肉に刺激を与えることで、シミ・シワ・ストレスを軽減させる」「運動する人は、毛穴が目立ちにくいことを発見」など、運動へのモチベーションがさらにアップしそうなニュースを提供してくれています。いつまでも若々しい肌でいられるように、運動を継続していきたいですね。

しかも嬉しいことに、自宅で簡単にできる運動『BI-HA-DANCE(ビハダンス)』の動画も配信中。新体操日本代表の「フェアリージャパン」のメンバーによる解説動画もわかりやすく、年齢に関係なく取り組みやすいエクササイズです。ぜひお試しください。

https://www.pola.co.jp/company/news/20200409/index.htmlhttps://www.pola.co.jp/company/pressrelease/un1llu00000081gd-att/po20200204_1.pdfhttps://www.pola.co.jp/company/pressrelease/un1llu0000008gcm-att/po20200311.pdfhttps://www.youtube.com/watch?v=2F5aEvQFwag&feature=youtu.be