第1次・2次政権ともに、安倍晋三元総理の辞任の原因となった「潰瘍性大腸炎」。国の指定難病に定められているこの潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍ができる大腸の炎症性疾患で、腹痛はもちろん下血を伴うものも含む下痢などの症状が出ます。2013年末の時点で国内の患者数は16万人あまり。これは10万人あたり100人程度の数となります。

 

発症年齢のピークは若く男性で20~24歳、女性で25~29歳となりますが、高齢者でも発症します。男女比率はほとんど同じで、喫煙者は非喫煙者と比べて発病しにくいとも言われているそうです。痙攣性または持続的な腹痛に苦しむほか、重症になると発熱や体重の減少、貧血などの全身症状、皮膚の症状や関節・眼の症状など腸管以外の合併症の危険性もあります。

治療は服薬など内科的治療と、大腸全摘出など外科的治療が考えられます。現時点で完治に導くことはできないものの、内科的治療では薬で大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールしていきます。この内科的治療が有効でない場合、あるいは大腸に穴があいてしまうなど危険な状態になれば、大腸を全摘出する必要が出てくるそう。また発病後数年経過すると大腸がんを合併するケースもあるため、とても大変な病気なのです。

「ただの下痢じゃないか」と思われがちの潰瘍性大腸炎ですが、その考えが間違いであることがわかります。原因は自己免疫反応の異常や食生活と考えられていますが、未だこの病気の原因は明らかになっていません。家族内での遺伝の可能性もあるそうです。また潰瘍性大腸炎と同じような病気に「クローン病」があり、この2つは炎症性腸疾患(IBD)と呼ばれます。なお、クローン病は腸だけでなく、口から肛門までのあらゆる消化管の部位に炎症が起こり得る病気です。

血便があるなどの症状、急に下痢が続くようになったなど排便習慣の変化があれば、迷わず大腸内視鏡検査を受けましょう。早期発見・治療をすることで重症化を防ぎ、合併症ともなる大腸がんのリスクも抑えられます。

数年前から、潰瘍性大腸炎の実体験をもとにした作品『腸よ鼻よ』(島袋全優)がマンガ配信サイトで連載されています。ギャグ漫画のため一見明るく楽しいのですが、その内容は壮絶。度重なる入院や大腸全摘出、その後の難治性瘻孔…と、とても大変な生活が描かれています。現在もまだ完結しておらず、主人公は闘い続けています。インターネットで見られるので、興味のある方はぜひ読んでみてください。