朝晩は冷え込むものの、日中は過ごしやすい秋。アトピー性皮膚炎など肌トラブルの悩みを持つ方の中には、汗をよくかく夏を越え、その症状が小康を保っているというケースも多いでしょう。しかしここから冬に向けてより乾燥していくため、症状が悪化する可能性があります。夏はさらりとした保湿剤を使っていたという人も、皮膚の表面の水分の蒸発を抑えるようなクリームタイプのものに変えるなど、季節に合ったアイテムにしましょう。

また秋は花粉症もひどくなる時期。花粉症といえば春のイメージですが、秋にはブタクサやヨモギなどアレルギー性鼻炎を引き起こす原因となるアレルゲンがたくさんあります。耳鼻科やアレルギー科などではアレルゲンが特定できる検査がありますが、アレルゲンがわかったところで結局は対処療法しかありません。しかし、アレルゲンさえ判明していれば、秋前からブタクサやヨモギのある場所に近づかない、本格的な花粉症状が出る前から薬を飲むなど先手を打てる、花粉を自宅に入れないよう洗濯物などにも注意する…といった対策を取ることができます。

そして通年性のアレルギーには、ダニアレルギーもあります。しかも夏に増えたダニの死骸やフンが大量に発生する秋がピークなんだとか。シーツや枕カバーなどは定期的に洗濯して落とし、なるべく湿度が高くならないようしっかり換気を行います。生きているダニはさまざまな場所に引っ付いて掃除機に吸い取られないよう抵抗するそうなので、ダニ専用の殺虫剤やダニ捕獲シートを利用してダニを除去しましょう。

こうしたアレルギー症状がないにもかかわらず、季節の変わり目に鼻やくしゃみが止まらない、体がだるいという人もいるでしょう。季節の変わり目の風邪・体調不良と思われるこの症状は、実は「寒暖差アレルギー」かもしれません。これは自律神経の乱れによるものなので、発熱や目のかゆみといった風邪や花粉・ハウスダストの症状とは少し違います。1日の温度差が7℃以上で出やすくなると言われており、鼻水・鼻詰まりや倦怠感、食欲不振などさまざまな症状があります。

まずは体が冷えないよう首や手足を温めて血行を良くするのはもちろん、夜はお風呂に入ってリラックスしゆっくり睡眠をとりましょう。また適度な運動で基礎体力をつけ、寒さへの抵抗力をアップさせるのも大切なこと。さらにバランスの良い食生活など、自律神経をしっかり整えることが寒暖差アレルギー対策として有効です。

 

季節の変わり目は、皮膚や目・鼻などのアレルギー症状をはじめさまざまなトラブルが出やすいものです。日々の生活にひと工夫を加えて、より快適に過ごしましょう。換気や自律神経ケアなどはコロナ対策にも有効ですよ。