秋も深まってきて、いよいよ本格的な寒さを予感させる季節になりました。この時期になると温活というワードをよくみかけるようになりますよね。皆さんは温活していますか? つらい手足の冷えはもちろんですが、それだけではありません。肥満やむくみにつながったり、免疫力が低下したりと放置しておくと体に悪影響があります。

「私は冷え性ではないから」と思っている人も、実は季節の変わり目は危険です。当ブログの「秋・冬のアレルギー対策」で触れた『寒暖差アレルギー』は、温度差が7℃以上で出やすくなるといわれ、主に鼻水・鼻づまり、くしゃみなどの症状が出るというものでした。原因は自律神経の乱れ。鼻炎症状以外にも倦怠感や食欲不振につながります。

この倦怠感や食欲不振に加え、冷え性や全身のこり、イライラや不安などの精神面、そうした不調が引き起こす風邪やアレルギーなどを「寒暖差疲労」とも呼びます。自律神経がその役目を果たそうと一生懸命に働き体温を一定に維持しようとし、疲労が蓄積してしまう状態なのだそう。体のエネルギーが必要以上に消費されてしまうため体の冷えが進み、全身に影響を及ぼすのです。

こうした季節の変わり目の体調不良は、誰にでも起こりえます。服装やエアコンなどでなるべく一定の温度を保つようにし、寒暖差を極力減らしましょう。特にこの時期は朝晩が急に冷え込むことがあるため、暖かい日中に外出する際も、少しでも寒いと感じたら着られるよう軽量素材の服を1枚持っておくなど工夫するといいかもしれません。

熱中症対策では「太い血管の通った首などを冷やす」のが効果的ですが、冷えも同様。首を温めることで体温低下を避けることができるため、マフラーやネックウォーマーでしっかりと首を保護しましょう。同じく足首もレッグウォーマーで温め、自宅にいるときはワキなどに湯たんぽを挟むのも効果的。セルフマッサージも冷え性改善につながります。自宅にいるときは暖房だけに頼るのではなく、こうしたグッズを使って体の芯から温めるようにしましょう。

 

そして前回のアレルギーでもお伝えしたとおり、「寒暖差」対策はやはり規則正しい生活を送ることと「温活」をしっかり意識すること。バランスのとれた食事はもちろん、体を温めるショウガや玉ねぎなどを積極的に摂取しましょう。このほかにも適度な運動で体を温めたり、シャワーではなくお風呂にじっくりつかって体を温めたり。運動と入浴は良質な睡眠にもつながります。

 

「まだまだ寒さや冷えを感じていない」という人も、早めからの対策でひと冬のスタートが決まります。今からしっかりと温活して免疫力を高め、今冬も健康に過ごしましょう。