かつては健康を害するものとして扱われていた食用油。近年は、良質で栄養素豊富な油は“積極的に摂取すべきもの”として周知され始めています。私たちにとって非常に身近なオリーブオイルやごま油はもちろん、ココナッツオイル、えごまオイル、アマニオイル、MCTオイル……など、これまで知らなかった新しいオイルも店頭にたくさん並ぶようになりました。

なかでもスーパーフードとして世界中から注目されているヘンプシードオイルは、ヘンプ(麻)のシード(実)を原料としています。ヘンプシードは古くから穀物の一つとして親しまれてきたとのこと。そのままでも食べられ、消化もしやすいのが特徴です。なおヘンプシードオイルに使われている原料は、向精神性のあるテトラヒドロカンナビノール(THC)量が基準以下のものなので、摂取することに問題はありません。

そして、ヘンプシードオイルが注目される理由は、なんといってもその高い栄養価。良質なたんぱく質が豊富で、必須脂肪酸(オメガ3、オメガ6)のバランスに優れた健康食品なんです。特に体では作り出すことのできないオメガ3「αーリノレン酸」、オメガ6「リノール酸」が理想的なバランスで含まれています。必須脂肪酸が欠乏すると皮膚の乾燥、脱毛、脂肪肝、免疫不全、高脂血症、動脈硬化症などを引き起こす原因となりかねません。子どもの成長にもとっても必要な要素です。そのために必須脂肪酸は食品から摂取しなければなりませんが、ヘンプシードオイルにはたっぷりとその栄養素が含まれているのです。スプーン1杯で1日に必要なオメガ3を摂取することができます。

またヘンプシードオイルに含まれるオメガ6のγリノレン酸は、血糖値・血液中のコレステロールを低下させるほか、アレルギーによる炎症の抑制作用もあると言われています。正常な皮膚の形成やバリア機能の強化などに効果的で、欧州ではアトピー性皮膚炎対策の重要素材としても扱われているそう。

このほかにもマグネシウムや亜鉛、鉄など体に必要不可欠なミネラルも豊富なヘンプシードオイル。成分を壊さないために、加熱はせずそのまま摂取するのがポイントです。そのまま飲んだりサラダにかけたりスープに入れたりするのはもちろん、和のおかずにさっとかけてもOK。毎日の食事にヘンプシードオイルをプラスして、日々健やかに過ごしましょう。