「認知症予防」への関心が高まる昨今、脳トレや予防支援管理ツールといったスマホアプリなどがたくさん開発されています。今日紹介する「CogEvo(コグエボ)」は、脳のリハビリテーションを応用した認知機能別のトレーニングができるツールです。

CogEvoの特徴は、エビデンスに基づいた認知機能別トレーニングと動的な認知機能チェックができるところ。認知機能を見当識・注意力・記憶力・計画力・空間認識力の5つに分類し、個々の認知機能の状態に合った脳トレが可能となっています。脳リハで実績のある12種の楽しいタスクで、高次脳機能の専門家監修による科学的根拠に基づいた質の高いトレーニングができます。

動的な認知機能チェックは、繰り返しトレーニングを行うことで、ベースラインを把握し、その変化を知ることができます。経年的な変化はもちろん、日々のストレスや睡眠不足などが影響を及ぼす認知機能を手軽に調べることができます。

メニューは4つ。先ほどの12種類のタスクを利用した認知機能別トレーニング、見当識や注意力などを測る5種類のバランスチェック、注意力・記憶力タスクを用いたパフォーマンスチェック、苦手を克服し強みを伸ばす2種のタスクなど、飽きさせないトレーニングが満載。実施後には総合得点や指数、級、メダルといったわかりやすいフィードバック情報が表示され、チャートやグラフになっているので比較もしやすいのがポイント。ゲーム感覚で楽しめるので、誰でも続けやすいというメリットもあります。

 

操作と理解が可能であれば、対象年齢はありません。小学生から高齢者まで幅広い人たちが脳トレにチャレンジできます。お孫さんと一緒に取り組んでもきっと楽しいでしょう。もちろん聞き取りやすい音声ガイド、見やすい文字の大きさ・色など配慮されているので高齢者ひとりでも安心して使うことができます。

このツールはクラウドサービスなので、ソフトのダウンロードは不要、ネットにつながる環境であればパソコンでもタブレットでも使用可能。医療機関などで使う法人向け、自宅でいつでも実施できる個人向けなどがあります。法人向けは病院やクリニックはもちろん、介護施設、薬局、自治体などあらゆるところに導入されています。

すべての疾患に言えることですが、認知症においても早期の対策はとても大切です。今はCogEvoなど高クオリティツールがたくさんある時代です。いつまでも健康な脳であり続けるために、さっそくトレーニングを始めましょう。