筋トレなど体を鍛えている人にとっては身近なプロテイン。最近はいわゆる「マッチョ」でなくともプロテインを利用している人も多いのではないでしょうか。またダイエットや美容目的でプロテインを摂る女性も増えており、女性向けのかわいらしいパッケージのものもたくさんありますね。

 

プロテイン商品はたくさんありますが、ブランドや味以外の大きな違いは原材料。プロテインには牛乳を原料とするホエイプロテイン・カゼインプロテイン、大豆が原料のソイプロテイン、ヘンプ由来のヘンププロテインなどがあります。

はじめにホエイプロテイン。ホエイ(乳清)といえば、ヨーグルトのうわずみにできる水分と言えばわかりやすいかもしれません。そのホエイの中にはプロテインが含まれていて、ミネラルや水溶性ビタミンも含有しています。筋肉に必要なアミノ酸も含まれていることから、筋肉修復効果が高いとされています。また吸収もいいことからトレーニング直後の補給がおすすめ。

生乳のたんぱく質の8割ほどを占めているカゼインが主成分のカゼインプロテインは、不溶性で固まりやすいため、ゆるやかに体に吸収されます。運動をしない日や間食の際に摂取するプロテインとしておすすめ。満腹感も維持できるのでダイエット目的の女性にはぴったりかもしれません。

ソイプロテインの原料は文字どおり大豆。大豆のタンパク質だけを抽出したもので、植物性タンパク質をたっぷり摂取することができます。またイソフラボンも含まれていることから骨・皮膚・血流などの健康維持効果も期待できるので、女性やシニアにおすすめのプロテインです。

ヘンププロテインは麻の実が原料のプロテイン。近年健康素材として注目を集めるヘンプは、良質な植物性タンパク質に加え、オメガ3やオメガ6などの必須脂肪酸、食物繊維のほか、亜鉛やマグネシウムといったミネラルが豊富に含まれています。芳ばしい香りがしますが、味にクセが少ないのが特徴で、プロテインドリンクだけでなく、料理やお菓子の材料としても使いやすい注目されています。

また、製法によってその成分が異なるのがホエイプロテイン。ホエイプロテインにはWPC製法、WPI製法、WPH製法など種類があり、例えばWPC製法はビタミン・ミネラルが残りやすいものの、例えば牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしてしまう乳糖不耐症の人には向いていません。WPI製法なら乳糖不耐症の人も安心して摂取できますが、たんぱく質以外の成分がなくなり、複雑な製法で価格が高くなってしまうそう。このように同じホエイプロテインでも製法によって選ぶべき製品は変わるため、パッケージをしっかり読んで自分に合ったものを選択する必要があります。

なかなかプロテインそのものをゴクゴク飲むというイメージがつかない方も、最近ではコンビニでプロテインバーなど気軽に購入することができます。こうしたバーは栄養素も豊富に含まれているだけでなく、砂糖不使用、カロリーカットなど健康に配慮されたものがほとんどなので、少し小腹がすいたというときにもおすすめですよ。