糖尿病のことを調べていると、よく出会うのが「インスリン抵抗性」という言葉。どんな状態なのかという説明の前に、まずは「インスリン」からおさらいです。

膵臓から分泌されるインスリンは、血中のブドウ糖を肝臓や筋肉などに取り込ませて効率よく利用させるなど「血糖を下げる」働きのあるホルモンです。このインスリンが十分に働かないと、血糖が高いままとなってしまい、失明や足の切断、腎不全など糖尿病合併症へとつながっていきます。

「インスリンが十分に働かない」という状況の中には、膵臓機能の低下によるインスリンの分泌不足や、きちんと分泌されているけれどインスリンが効果を発揮できない「インスリン抵抗性」が挙げられます。後者のインスリン抵抗性は、肝臓や筋肉、脂肪組織などでインスリンに対する反応が鈍くなっているために、インスリンの機能が十分に発揮されていないという状態です。

厚生労働省のe-ヘルスネットによると、インスリン抵抗性の主な原因は、肥満や運動不足、ストレス、高脂肪食、遺伝など。インスリン抵抗性があると、糖を取り込む能力が低下し、血糖が下がりにくくなります。そのためにもっと多くのインスリンが必要となりますが、その状態が続くことで今度はインスリン分泌機能が低下して、血糖値が上昇してしまうという負のスパイラルなんだそう。食事と運動に加え、インスリン抵抗性改善薬での治療が行われます。

インスリン抵抗性の予防のためにできることは、やはり原因の除去。遺伝ならば仕方がないことですが、肥満や運動不足、ストレスや食事などに関しては今日からすぐに改善の第一歩を踏み出せます。また、これまで当ブログでもインスリン抵抗性について何度かご紹介してきましたが、糖尿病と深く関係する歯周病の予防も、インスリンの正常な分泌をめざすための取り組みの一つとなります。口腔内の炎症などから出た物質が、血流にのって体を巡り、さまざまな悪影響を及ぼしていて、インスリン抵抗性もその一つだからです。

 

いうまでもなく体はすべてつながっています。健康のためによく言われる「規則正しい生活、バランスのいい食事、適度な運動」。この大原則に「歯みがき」を追加し、自分の体を守りましょう。