2020年から引き続きコロナに振り回されていますが、ようやくワクチン接種が始まりました。ようやく「Afterコロナ」へ向かった第一歩を踏み出すことができました。3月7日をメドに緊急事態宣言も解除される方針です。

 

とはいえ、すぐに効果が出るものでも、国民全員が接種するわけでもありません。これまでどおりマスク着用、手洗い、手指消毒などは欠かせませんし、免疫力をつけてコロナ感染防止・重症化予防に努めましょう。

最近、免疫機能対応素材として注目を集めているのが、水溶性食物繊維アラビノガラクタン。アラビノガラクタンは、植物の細胞膜や細胞壁、細胞間層に広く見られるプロテオグリカンの一種。中性糖のガラクトースと植物特有の単糖L-アラビノースが主成分です。例えばカラマツ由来のアラビノガラクタンは免疫機能の働きを支えるプレバイオティクス素材として話題になっており、一般的な風邪ひき症状が有意に軽減することがヒト試験で確認されています。またコーヒー豆由来のアラビノガラクタンは免疫反応の強化・ビフィズス菌増殖効果・アレルギー抑制効果などが明らかとなっています。そしてドイツなどではがんの民間療法に使用される薬の有効成分の一つとも言われています。

 

同じカラマツ由来のタキシフォリンを取り扱う弊社にとっては、とても興味のある内容。弊社では糖尿病や認知機能に関する研究を中心に進めておりますが、やはり生命力そのものである植物はさまざまなチカラらを蓄えているのですね。先人たちはそのことを本能的にわかっていて、古くから食してきたのでしょう。

 

「免疫力をアップする」ためには、食事・運動・睡眠の質をアップさせることが大切です。しかし日々それを実践することは、忙しい現代人にとってとても困難です。手軽に摂取できるアラビノガラクタン配合サプリメントなども活用しながら、「Afterコロナ」へ向けてもうひと踏ん張りしましょう!