人類にとっての永遠のテーマ「不老不死」。若い頃は考えもしませんが、ある程度の年齢に達すると「いつまでも若くいられる方法」「アンチエイジング」などの文字に惹かれるのが人間というものです。

 

そしてそれを叶える素材として、数年前から注目を集めているのが「NMN(ニコチンアミドモノヌクレチド)」です。ワシントン大学・今井眞一郎教授が、マウス実験によりNMNに糖尿病治療効果があることを発見。その後さまざまな臓器や脳などの老化を伴う症状に対して改善効果があることが判明したといいます。

NMNはビタミンB3から作られる物質で、トマトやアボカドなどにも少ないながら含まれる成分。加齢によって減少してしまう「NAD」という物質に変換され、長寿遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子を活性化させて老化を遅らせます。

マウス実験では、NMNを経口投与すると、わずかな時間でNADに変換され、肝臓内のNAD合成量が増加したといいます。そして人間によくある「加齢による体重増加」。これはマウスにもみられる傾向ですが、NMNを摂取したマウスは食べる量はそのままに体重が減少していたそう。人間が加齢とともに減ってしまう物質を補い、若々しくいるための物質を作り出す手助けをして、長寿遺伝子を元気にさせるわけですね。

NMNの実力が発揮されると期待できる疾患は、たくさんあります。要はサーチュインが関連する疾患ということですね。例えば認知機能・視力の低下、自己免疫疾患や不妊症、心血管障害、肥満など。数え上げればきりがありません。もちろん癌にも有効だと見られていますが、一部は逆に進行させる危険があるとも。うまい話には裏があるということでしょうか。「すべてを救う万能薬」というわけではなさそうですが、「予防薬」として上手に使うことで、健康を維持できると考えられています。

 

それではどんな食品に含まれているのかというと、前述のようにトマトやアボカドなどに微量含まれますが、残念ながら食品からの自然な摂取は見込めないとのこと。ですからサプリメントで補給するしかありません。現在、国内でもさまざまなNMN製品が販売されているほか、美容クリニックではNMN点滴なども提供されています。国内生産のサプリメントも販売されておりますが、価格は「!?」となかなか高額なものも(笑)。また併用することでNMNの力をさらに引き出す素材の提案も出てきています。

 

現在NMNは世界中で研究が進められていて、どんどんその効果が明らかになってきています。私たちの平均寿命が「150歳」「200歳」になる日が来るかもしれませんね。