いよいよ春。というよりも、気が付いたらすっかり桜も満開で、外を歩くと少し汗ばむ日もあります。気温は心地よくても、すでに日差しは初夏の強さを感じます。

 

すでに3月から紫外線は強くなっていますが、4月はさらに注意が必要です。どんどん強くなっていく紫外線から肌をしっかりと保護しましょう。今後は「ちょっとの買い物くらい大丈夫」は禁物。昼間にコンビニに行く程度の外出でも、日焼け止めや日傘を活用して肌を守ってください。

そしてまだまだ花粉からは逃れられませんし、黄砂やPM2.5など肌にとって有害なものがたくさん舞っています。こうした汚れをきちんと洗顔で取り除く必要があります。が、熱いお湯で顔を洗ったり、洗顔フォームを使ってゴシゴシ洗いしては、肌は逆に傷んでしまいます。洗顔剤をしっかりと泡立て、滑らすようにやさしく肌に伸ばします。そして泡が汚れを吸着したら、お水やぬるいお湯で落としましょう。

 

もちろん冬ほど乾燥していないからといって、保湿をおろそかにしてはいけません。ここできっちりと肌を労わることで、夏に向けた健やかな肌を形成していきます。近年、5月に入ればもはや「夏」です。季節の変わり目を正しいケアで乗り越えて、きたる夏に備えましょう。