動物性の脂肪に含まれる飽和脂肪酸と、魚の脂に多く含まれる不飽和脂肪酸。特に不飽和脂肪酸は健康や美容によいとされ、メディアで取り上げられるなどして近年すっかり定着しました。不飽和脂肪酸はさらに細かく分類すると、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸と分けられます。そしてそのうちの多価不飽和脂肪酸は、n-3系とn-6系に分かれます。n-3(オメガ3)系の代表的な脂肪酸は、α-リノレン酸。人体で作り出すことができない必須脂肪酸の一つで、体内に名言ったあとEPAやDHAになります。えごま油やアマニオイルなどに多く含まれ、青魚に含まれる脂もオメガn-3系脂肪酸です。

n-6(オメガ6)系の代表的なものはリノール酸。こちらも必須脂肪酸の一つで、血中コレステロールを下げると言われるもの。グレープシードオイルや大豆脂などに含まれています。

 

不飽和脂肪酸は血圧を改善し、動脈硬化や血栓を防ぐなどの効果があるほか、コレステロール現象などさまざまな機能があります。酸化しやすく高温に弱いので、炒め物や揚げ物などに使うのではなくドレッシングに入れるなどして摂取するのがおすすめ。健康に関するメディアなどで取り上げられるなどしてEHA・DPAが知られるようになり、最近の健康オイルブームもあって、実際に日々の食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか。

 

そしてこの不飽和脂肪酸は、健康だけでなく美容にも非常に効果的。「オイルをそんなにとって大丈夫?」と思う方もいるかもしれませんが、オレイン酸をはじめとした不飽和脂肪酸は、肌への親和性が高く、肌の水分を保持し肌バリア機能を高めてくれます。

n-3系とn-6系の理想的なバランスは1:2。このバランスが崩れると肌の生まれ変わりが阻害されて肌荒れの原因となったり、皮膚などが炎症を起こすなどしてアレルギーの原因にもなるのだとか。もちろん健康面でも悪影響を及ぼします。

 

美肌を維持するには、日々の肌ケアも大切ですが、それと同じくらい食事も大事。夏に向けた紫外線対策を本格化すると同時に、美容面でもメリットのある不飽和脂肪酸の含まれた食品を積極的に、そしてバランスよく摂取するようにしましょう。