いよいよ関東甲信越が梅雨入りしました。ムシムシ・ジメジメとして洗濯ものも乾きにくく不快な季節ですよね。一方で「肌」という観点から見れば湿度が高く、保湿ケアもラクちん!……なんて考えている人はご注意ください!!実はお肌はカラッカラに乾燥しているかもしれません。

6月に入ると気温とともに湿度が高くなり、皮脂の分泌が活発になります。化粧は崩れやすくなるものの、ベタベタとした肌はカサカサ感もつっぱり感もなく、十分に潤っているように感じます。ところが、そんなことはありません。6月になればあらゆる場所で冷房や除湿などエアコンが効いており、実は室内は乾燥しているところが多いのです。肌のベタベタにごまかされている間に肌内部の乾燥が進み、ニキビなどのトラブルにも発展してしまいます。

またじっとしているだけでも汗をかきやすい季節です。滴り落ちるような汗でなければ、こまめに汗を拭かない人も多いのでは? 汗は蒸発するときに体の熱を奪ってくれますが、その際に角質層の構造を破壊し、バリア機能の低下を引き起こします。特にエアコンの効いた涼しい室内と、ジメジメと蒸し暑い屋外を行ったり来たりしていると、何度も汗の蒸発が繰り返されてさらに肌に負担をかけてしまいます。少しでも汗をかいたらしっかり拭き取り、保湿ケアを怠らないようにしましょう。

 

そして何よりも紫外線は肌の大敵!もちろん潤いも奪っていきます。「今日は雨が降っているから」「室内にいるから」と油断せず、日焼け対策が必要です。紫外線によって機能低下した肌は、乾燥がどんどん進んでしまいますよ。

 

まもなく緊急事態宣言も明ける見込み。ワクチン接種も進行していることから、ようやくコロナ禍脱出の兆しも見え始めてきました。2年ぶりの夏を満喫するためにも、いまからしっかりと肌をケアしていきましょう。