現代人が手放せないパソコンやスマホ。時に肩こりや腰痛を引き起こす原因になるのが、使用時の「姿勢」。長時間同じ体勢にいることで筋肉の緊張が偏り、体に痛みが出てることがあります。また運動不足や加齢による筋力の低下によって正しい姿勢がキープできなくなって、肩こりや腰痛につながります。

猫背はもちろんその逆の体勢となる反り腰のほか、寝ころんでのスマホ使用、毎回鞄の持ち手を右の肩にかけるなど偏った荷物の持ち方……。これらは姿勢を悪くする原因になりえるもの。そして姿勢の悪さは肩こりや腰痛だけでなく、全身の健康に影響し、最終的には「肌」にも影響してしまいます。

例えば猫背だと常に前かがみ。すると胃や腸など内臓が圧迫されて正常に機能できなくなってしまい、逆流性食道炎や便秘・下痢といった消化器機能に問題が出てくる可能性も。胃腸の働きが弱れば、肌にも影響があることは明らかですよね。特に腸は「腸活」という言葉が定着したように、健康・美容をキープするためにはとても大切な部位。内臓の動きを阻害しないためにも、正しい姿勢が必要です。

 

さらに正しくない姿勢は血流も悪くなるため顔色がくすみ、クマができることも。顔色だけならメイクでなんとかなりますが、顔の皮膚の細胞の元気も失われ、大切なターンオーバーに影響が出ることもあります。逆に細胞が元気であれば、皮膚の代謝がスムーズになりバリア機能も高まります。また肌の色・ツヤもよくなり、潤った瑞々しい肌を保てるでしょう。

このように姿勢は健康状態、肌状態にも大きく影響を及ぼします。さらに姿勢が悪い→骨盤が歪む→下腹ポッコリ……など、ボディラインにも影響が。胸をきちんと張ることで十分に酸素が取り込めるので、集中力が高まったり、疲労感の解消にもつながります。

 

そこで問題解決として、デスクワークが多い人は、ずっと同じ姿勢で仕事をしないように定期的に立ち上がってストレッチしてみましょう。最近注目されている「スタンディングデスク」を使って立ったまま仕事をするのもいいでしょう。帰宅後はゆったりと入浴したり、ヨガなどで固まった筋肉をほぐしたりするのもおすすめです。

お肌は全身の健康を映し、全身の健康状態はお肌に表れるなど、切っても切れない関係です。肌だけを考え、ケアする時代はもう終わり。お肌のために、体のクセもしっかり直してより美肌をめざしましょう。