いよいよ夏本番! 暑さも本格化し、日差しもかなり強い日が続いています。皆さんは日焼け・熱中症対策は万全ですか? 最近では「日傘男子」なる言葉も生まれるくらい、日傘を使う人が男女ともに増えています。特にびっくりしたのが、最近の女子高生が日傘を差していること。自宅そばの私立女子中・高の生徒の日傘率は驚くほど高く、美容はもちろんのこと熱中症対策として欠かせないものになっているようです。まだ日傘デビューしていない人も日傘のチカラを知れば、1本は欲しくなるかもしれません。

日傘は紫外線をカットすることが大きな目的の一つ。美容面だけでなく、皮膚がんの予防など健康面でもそのチカラを発揮してくれます。日焼け止め、UVカットウェア、サングラス、帽子などさまざまなアイテムがありますが、日焼け対策に日傘を加えることによって、より強化できます。

 

もちろんそれだけではありません。暑い日の外出時、建物が作ってくれた日陰をキープしながら歩くことはありませんか? 日傘があれば自ら日陰を作ることができ、途切れることがありません。異常気象により暑さが尋常でない近年、常に直射日光や暑さを避けていかなければすぐに熱中症になってしまいます。酷暑の日、直射日光が当たる場所と、日陰を比べると、なんと表面温度は20度ほど変わることもあるのだとか。いつでも「日陰を作る」ことができる日傘を持ち歩くと、外出中も安全に、そして快適に過ごせます。

日傘の色は白など明るいものはちょっと注意が必要です。UVカット機能のあるものでしたら効果が大きく変わることはありませんが、例えば白色であれば紫外線を反射します。その反射に肌が当たってしまえばもちろん日焼けしてしまいますので、なるべく黒など紫外線を吸収してくれるものがいいのだとか。さらに経年による劣化でUVカット効果が薄くなってきたときにも、黒であれば安心です。

 

これだけ異常気象があると「恥ずかしい」とか「めんどくさい」とか言っていられません。男性も女性も紫外線、暑さ対策をしないと、健康を損なう結果になってしまいます。日傘は晴れた日に差すものですが、晴雨兼用のものもあります。普段から折り畳み傘をバッグに忍ばせているのなら、夏場はUVカット効果のある兼用傘に換えてみては? 突然の雨にも対応できてとても便利ですよ。