東京オリンピックも無事終わり、いよいよお盆休み期間に突入しました。私が子どもの頃は「30℃」でもビックリしていた記憶があるのですが、今は35℃超も当たり前。むしろ30℃は涼しいのでは…?と勘違いしてしまいそうです。

 

こうも暑いと夜間も気温が下がらず、熱帯夜も続きます。エアコンをつけないと寝られないくらい暑いのですが、つけたまま寝ると起床時に体のだるさを感じることも。タイマー予約や扇風機などを駆使しながら、体に一番優しい方法を探りながら、ひと夏が過ぎていくことでしょう。

では就寝時のエアコンは、どのように扱うのが正解なのでしょうか。例えば眠りにつく前にエアコンを切ってしまえば、暑苦しさで眠りにつけない、眠りが浅くなってしまうなどさまざまな問題が出てきます。「寝不足」は万病のもとですから、これは避けたいところ。かといって、扇風機を体に当たるように設置して回すのはNG。強風が当たり続けることで体温が下がりすぎ、最悪の場合命の危険もあるとか。お部屋の空気を循環させるように「間接風」にしなければなりません。しかし空気はぬるいため、快適な睡眠というわけにはいかないようです。

 

タイマーの切予約で寝つくときだけ…もありますが、エアコンが切れて数時間すれば暑さで目が覚めてしまうことも。途中で起き上がり水分補給ができればいいのですが、大量の発汗で熱中症になる可能性もあるため、年代や体調によっては危険かもしれません。

 

それでは一番体に悪そうな、「一晩中エアコンをつけておく」はどうでしょうか。人は寝るとき、体の深部体温が下がることで眠気がやってきます。眠くなると手足がポカポカする…皆さんはこんな経験ありませんか? これは体の奥底が冷えて手足から放熱するためです。

 

この深部体温を下げるのに一役買うのが「脳」を冷やすことなんだとか。頭部を保冷剤で冷やすのも効果的ですが、実は鼻から入る冷たい空気で脳を冷やすことができるそう。一日中必死に体への指令を送り続け、さまざまなことを考え続けている脳。オーバーヒート状態にある夜に、鼻からの呼吸で冷やしてあげると、より質の高い熟睡につながるようです。

 

ですから、最も不正解と思われがちな「エアコンつけっぱなし」が正解!電気代が気になるものの、実はエアコンは“オン”の際に電力を消費するため、つけっぱなし=電気代がかさむというわけではないそう。安定した室温をキープしているうちは、電力を大きく消費することはないそうです。

その代わり、体には布団や毛布、タオルケットなどをかけ、寒さ対策を。脳以外はしっかり冷風から身を守りましょう。一晩中エアコンが効いていれば、暑さによって途中で目が覚めることもありません。朝まで熟睡→すっきり起床がかないます。

 

寝不足はさまざまな病気の原因にもなりますし、寝不足のまま酷暑の屋外に出ると熱中症リスクもぐんと上がります。就寝時は上手にエアコンを使用して熱帯夜を攻略し、快適な睡眠をキープしましょう。