全身の健康と深く関わる「お口」。日本人の8割以上とも言われる歯周病が、糖尿病や動脈硬化などの疾患や、早産・低体重児出産に影響していることは、これまで当ブログで何度も取り上げてきました。口腔内で増殖した歯周病菌をはじめとした細菌が血流にのって体の隅々まで運ばれ、さまざまな悪さをします。

 

そもそも歯周病とは、歯垢の中にある「歯周病菌」が歯茎と歯の境目から内部に侵入することで起こるもの。炎症が起こり、放置しておけば歯槽骨といって歯を支えている土台の骨が溶けていきます。土台のなくなった歯はどうなるでしょう? グラグラと動き、次第に抜け落ちて、戻ってくることはありません。

 

歯がなくなれば、必然的に「よく噛んで食べるもの」を避けるようになったり、残った歯だけで咀嚼するため噛む力が低下したり。噛むという行為は脳を刺激する良い「運動」でもあるのですが、歯が抜けてしまうことで、その機会が失われていってしまうのです。

また最近は研究が進み、歯周病菌によって起こった炎症が、アルツハイマー型認知症の原因であるアミロイドβを作り出してしまうことも明らかとなっています。そして脳に入り込んだ歯周病菌だけがそれを起こしているのでなく、全身にちらばった菌が脳以外の部分でアミロイドβが生まれ、脳に蓄積されていることも。歯周病が全身を通じて認知症を悪化させてしまうのです。

 

アミロイドβは20年、30年という長い月日をかけて蓄積されると言われており、認知症予防への取り組みは一日でも早くするべきだと考えられます。先ほども申し上げたとおり歯周病は糖尿病との関連があるだけでなく、糖尿病になるとアルツハイマー型認知症のリスクが高まるという関係性もあります。健康を維持していく上で、歯周病予防・治療には絶対に欠かせないものなのです。

 

口腔ケアが行き届かないと、特に高齢者であれば口腔内の細菌が気管から肺に侵入して誤嚥性肺炎のリスクも高まります。お口は体の「玄関」ですから、常にキレイにしておくことが重要です。毎食後の歯磨きはもちろん、3カ月・6カ月に一度定期的に歯科を受診し、歯の状態をチェックしてもらうほか、プロにお口のクリーニングを行ってもらいましょう。