人間の体は、その半分以上が水分。子どもで約70%、成人でおよそ60~65%、高齢者でおよそ50~55%は、水分なんだそうです。私たちが口にしたお水は腸から血液などへ。酸素や栄養を運ぶ役割を果たしつつ、不要となった老廃物を排出するために、体液となって全身を循環しています。

 

しかし、水分は汗や尿などでどんどん失われていきます。そのためお水を飲んだり、食事をして補給しますが、1日に必要な水分量は2.5Lほど。夏など暑い季節、運動量など活動レベル、年齢・性別などによって必要量は前後するのもの、1日を通して水分を摂取し、体の水分量を維持しています。

 

もちろん肌や髪の水分も同じ。体内から水分が失われていっているのに十分な補給がなされなければ見た目にも表れ、特に肌や髪にその影響を感じるそう。よく女優さんやモデルさんが「毎日お水を2L飲んでいます」などコメントすることがありますが、まさにこれ。意識して水分を摂取することで、血流にのって酸素や栄養が行きわたり、みずみずしい肌・髪になります。

それだけではなく、お水は腸の動きを活発にさせ、肌荒れの原因にもなる便秘を解消する力も。さらに血液の循環を良くするので基礎代謝にも好影響があり、肌のターンオーバーが促進されたり、老廃物を排出するデトックスにもつながります。

 

さきほど1日に必要な水分量は2.5Lと書きましたが、飲み水と食事などを合わせて約2.5L。厚生労働省によると1日の食事は1L程度、体内で作られる水が0.3L程度。ですから純粋な飲み水としては1.2L以上が必要なのだそうです。さらに暑い日、運動したときなど、その日の状況によってはもっと多くの水分が必要なケースも。

 

もちろん一気飲みではなく、こまめに摂取するのがベスト。起床時にまず一杯の水を飲むと腸が起き、体が始動します。仕事や家事、運動などして体を動かしたときはすぐに水分を補給し、汗をかく入浴前後もコップ一杯ずつ飲みましょう。さらに就寝中は汗をいっぱいかいていますから、寝る前にもお水を忘れずに。「喉が渇いた」はすでに脱水のサインですから、「渇く前に補給」を徹底しましょう。なお、ビールは水分ですが、ここでいう「水分」ではありません。利尿作用が強いため通常より尿の量が増え、より水分が失われてしまうこともあります。体には「お水」を補給してあげてくださいね。

 

猛暑を切り抜け、ようやく涼しくなってきたこの頃。熱中症リスクが低下するにつれて、お水を飲む量も少なくなっていくはずです。しかし健康にも美容にも、お水はとっても大切。1日飲み水で1.2L、総量2.5Lを意識して、きちんと水分補給を心がけましょう。