冬になると悪化することが多いアトピー性皮膚炎。過酷な夏が終わり、涼しく過ごしやすい秋に落ち着いていたものが、湿度の低下、暖房による空気の乾燥などで痒みが増してきます。痒みに耐え切れず引っ掻いてしまえば、新たな傷ができてしまい、悪循環となってしまいます。常に肌を清潔に保つ、しっかり保湿する、この2つの対策を繰り返していくほかありません。

 

ただし肌を清潔に保つといっても、入浴の際には注意が必要です。ダメージのある皮膚をゴシゴシとこするなど誤った方法で体を洗ってしまうと、より表皮が傷ついてアトピーがより悪化してしまうことも。敏感肌の人向けの石鹸やボディソープをしっかり泡立て、肌を滑らせるように優しく洗うのが正しい方法です。また痒みのある肌には熱いお湯がとても気持ちいいという声が多いものの、温度の高いお湯に入浴し続けると、皮脂が流れてしまい余計に肌の乾燥を招いてしまうのです。

シャワーだけでなく湯舟に浸かるほうが皮膚の水分量が増加して潤いにつながりおすすめですが、入浴剤は肌への刺激になってしまうことから使用は控えましょう。熱すぎず入浴剤などの刺激もない正しい方法でじっくりと温まってリラックスすれば、アトピー性皮膚炎の原因でもある「ストレス」も一緒に解消できそうです。

 

入浴後や就寝前は、体がポカポカとするので痒みが増してしまうこともあるそう。お風呂から上がったらすぐに保湿ケアをするのはもちろん、肌に優しい素材の服、締め付けの少ないインナーなど肌を刺激しないよう、身に着けるものにも十分に注意が必要です。

 

これから冬へ向けてさらに乾燥が進みます。アトピー性皮膚炎の人にとってはつらい時期ではありますが、入念な保湿ケアとともに正しい入浴方法で肌を労わりましょう。