ここ最近落ち着いているとはいえ、まだまだ予断を許さない新型コロナウイルス感染症。未だにマスク着用と手指のアルコール消毒は必須で、今後も「新しい生活様式」として、しばらく続いていくことは間違いないでしょう。

 

しかしアトピー性皮膚炎など肌にトラブルを抱える人にとって、感染症対策は非常につらい習慣でしょう。特に肌に強い刺激を与えるアルコール消毒は、強い痛みを感じるとともにさらに症状を悪化させる可能性もあります。

 

そしてこれはマスクも同じ。冬は乾燥が進むので、保湿という部分では優れているように感じますが、そううまくはいかないのが難しいところ。熱がこもるため痒みがましたり、かいた汗が刺激になったりするアトピー性皮膚炎患者も少なくありません。

最近では病院やクリニックなどで布やガーゼのマスクではなく、不織布マスクの着用を呼びかけているところもあり、この不織布がこすれてアトピーが悪化しているケースも。また顔がガサガサになってしまうだけでなく、耳の付け根はマスクのゴムで切れて出血してしまうこともあります。

 

アトピーがある人にはとてつもなくつらいことですが、「このように対処すればいい」という標準的な対応は難しく、一人ひとりアトピーの症状は異なるため、自分に合った対処法を見つけることが大切です。例えば、肌に優しいと思われる布やガーゼのマスクならOKという人もいれば、布やガーゼは無理だけれど不織布のマスクなら何とかつけていられる人もいたり、水仕事のときはゴム手袋が必須という人もいれば、ゴム手袋で痒くなる人もいます。それぞれの“快適”が違うため、不織布マスクが苦手な場合は、マスクと皮膚の間にガーゼを挟んでみる、人との距離がとれる屋外では外すなど、専門家への相談、SNSを使った自分と同じ悩みを抱える人たちから情報を得て、自分に合った対策を探しましょう。

 

ただしベースとして「清潔に保つ」「保湿」はとても大切です。洗顔するときは水かぬるいお湯で優しく洗い、クリームなどできちんと保湿すること。これは手も同様で、アルコール消毒を避けられるなら避けて、消毒と同じような効果のあるハンドクリームを試してみたり、常に手袋をして外出したりするなどの対策も。冬は乾燥が進み、アトピー症状が悪化する人も多い季節。感染予防をしつつ、自身の“快適”を見つけてください。