食品表示ラベルを確認すると、たびたび見ることができる「ブドウ糖果糖液糖」。「異性化糖」「果糖ブドウ糖液糖」などとも呼ばれ、清涼飲料水やお菓子をはじめ幅広い加工食品に用いられています。

 

この「異性化糖」は、ブドウ糖と果糖を主成分とした液状の糖で、糖のうちの果糖の割合が「50%未満」がブドウ糖果糖液糖、「50%以上90%未満」が果糖ブドウ糖液糖、「90%以上」が高果糖液糖。さらに10%以上の砂糖を加えた「砂糖混合異性化液糖」といったものも。もうすでに覚えられません……。この異性化液糖は、砂糖よりも甘みが強いうえ安価に作ることができるため、多くの食品に用いられています。

最近ではNHKなどで取り上げられたりと何かと注目を集めていますが、その理由は血糖値を急激に上げるなど体に負担がかかるものだから。ブドウ糖は血液中に入り込み血糖値として現れ、余分なものは肝臓にいきます。しかし、満腹感が得られにくいため、過剰摂取になりがちで高血糖に。食後血糖値が高くなれば、そのぶん糖化も進んでいきます。また果糖が直接的に血糖値を上げることはありませんが、糖新生でブドウ糖に変換され、過剰摂取した糖質が肝臓で中性脂肪に合成されるなど、肥満リスクを秘めているそう。

 

これからは食品表示を見て気を付けなければ!と思っても、かなり多くの加工食品に採用されていてすべてを排除することはなかなか難しいかもしれません。またぶどう糖果糖液糖を口にしなくなれば、痩せるというわけでも、糖尿病の危険がないわけでもありません。ただたくさんのジュースを飲んだり、お菓子を過剰に食べたりと毎日の食習慣が変わることで、糖尿病や老化の予防につながります。

 

自分の体はたった一つしかありません。健康を維持していくためには、日々の食生活を見直すことも大切なこと。ブドウ糖果糖液糖は調味料などにも含まれています。「ジュースもお菓子も控えているし、バランスのいい食事をしている」と自信がある人も注意が必要かもしれません。