世界で最も安全と言われる日本の水道水。蛇口をひねれば出てくる水道水には、衛生面の問題から、消毒薬として「塩素」が使われています。お水が私たちのもとに届く時点で残留塩素0.1mg/Lと定められており、そのまま飲んだとしても人体に影響はないとされています。実際、水道水を飲んだことで病気になったり、お腹を壊したりということは日本においては稀なケースだと考えられます。

 

ただ最近では、健康が気になる方はもちろん、なんとなく自宅での飲料水もミネラルウォーターだという人も多いでしょう。またウォーターサーバーを導入している家庭も増えていて、水道水を直接飲む人は減っていると思います。

 

しかしお風呂はまだまだ「蛇口をひねっただけ」のお水(お湯)を湯船にためて使用している人が多いのではないでしょうか。健康そのものへの懸念はなくとも、毎日塩素の入った水(お湯)を浴びることで、肌や髪への影響も心配されます。

特にアトピーの人にとって、残留塩素は気になるところ。しかし日本アトピー協会のホームページには、一般的にお湯を沸かすことによって塩素は薄まり、また給湯器方式なら残留塩素の心配はほぼないと言われている旨の記載があります。残留塩素による肌状態の悪化を恐れるあまり「お風呂に入らない」ほうがアトピーの人にとってはよくないようです。

 

それでも少しの刺激でもアトピーの人の肌には大敵。アトピーケアを考えるなら、お風呂の塩素除去剤や、浄水機能付きシャワーヘッド、お風呂用浄水器などを検討してみてはいかがでしょうか。活性炭で塩素を除去する、ビタミンCで中和させるなど、その内容はさまざま。安心してより快適に入浴を楽しみたいなら、こうしたアイテムを使うのもおすすめです。