ホルモンの分泌が減少し、そのバランスが崩れて心身に影響が出てくる更年期障害。一般的には、急激にホルモン分泌量が減る閉経前後各5年の計10年間で、45~55歳ほどの女性に多いイメージです。体がほてったりのぼせたり、めまいや動悸、体の痛み、気分の落ち込みやイライラなど、明確な病気ではないさまざまな「不定愁訴」が起こります。

 

しかし加齢などによりホルモン分泌が減るのは男性も同じ。ですから男性にも更年期はあり、もちろん更年期障害もあります。その症状は女性と同じくさまざまで、やる気が出なかったり、仕事への意欲がなくなったり、気分が落ち込んだり。心筋梗塞や骨粗しょう症のリスクも高まったり、性欲の低下なども見られるそうです。

男性の更年期障害は男性のホルモン「テストステロン」の低下により起こり、「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)」とも呼ばれるそうです。テストステロンには、骨や筋肉を強くし、精神面や性機能などを維持する働きがあるそうです。これらの分泌が減ると、男性の更年期障害として、先述した症状が出てきてしまうのです。

 

男性更年期は30代後半から70歳前後と幅広く、40歳を過ぎて不定愁訴の症状があれば要注意です。女性の病気と思われがちで、男性の更年期障害を疑って受診することは難しいかもしれませんが、メンタルヘルスやメンズクリニック、泌尿器科などであれば男性の更年期の患者さんを多く診ていると思われます。

 

また治療は漢方やホルモン補充療法、生活習慣の改善を行うそうです。40代だとまだまだ働きざかり。昇進もして部下もでき、家庭でも子どもの教育費やマイホーム…と公私でストレスの強くなる年代でもあります。なんとなくの不調を抱えながら、仕事を続けていくのはとても大変ですし、うつ状態からうつ病へと進んでしまうこともあるかもしれません。

 

更年期障害は女性だけの症状ではありません。男性も幅広い年齢で起こり得ることを認識し、体調不良があれば「LOH症候群」の可能性も視野に入れて、医療機関を受診しましょう。