季節や体調により、良くなったり悪くなったりを繰り返すアトピー。肌の保湿、外用薬といったスキンケアだけでなく、体の内側から対策も推奨されています。

 

日本アトピー協会のホームページを見ると、サウナ浴は第二の汗腺と呼ばれるアポクリン腺から老廃物が排出されて肌の新陳代謝が進むと同時に、血流改善による肌の生まれ変わりも促進されると書かれています。お風呂は沸かすことで刺激となり得る塩素は抜けるため、入浴への心配はほとんどありません。

 

さらにより入浴の効果を高めるために、リンパマッサージの併用がおすすめです。体の老廃物はリンパ管を通って体外に排出されるため、入浴時にリンパマッサージを行うとより効果的。下半身なら太ももの付け根と膝裏にリンパ節があり、足先から膝裏、太ももの付け根に向かってゆっくりと押していきます。上半身はリンパ節のある鎖骨とワキへと流しましょう。

頭部のリンパ節は耳下腺と顎下腺があり、顔全体からリンパ節へ向かってマッサージします。顎のラインは輪郭をなぞるように顎下腺へ。最後は首を通って鎖骨部分のリンパ節へマッサージしてください。リンパマッサージの際は強く押し込むのではなく、優しくなでるように行うのがコツ。入浴時にしっかりと温まりながら、リラックスして取り組んでみてください。

 

アトピー症状に対するリンパマッサージの効果は人それぞれですが、毎日の入浴時にできる簡単なもの。またお金もかからず自分で力加減も調節できるため、体にも負担が少ないでしょう。冬はアトピー症状が悪化する時期ですから、症状に苦しんでいるのであれば通常のケアにプラスしてリンパマッサージをしてみては? もちろんアトピーのない人の美肌づくりにも、リンパマッサージはおすすめですよ。