まだまだ若いと思っていても、気がつくと増えている肌のシミや小じわ。「今はまだ大丈夫!」と思っていても、いつからエイジングケアを始めるべきか、気になっている人も少なくないはずです。

 

最近はあまり聞かなくなった(?)「お肌の曲がり角」は、20代後半にやってくると言われています。しかし、カーブは突然やってきません。20歳を過ぎる頃から少しずつ体に変化が訪れ、20代後半から表面にあらわれてくるのです。

 

30歳前後になれば、目じりの細かいしわ、これまで気がつかなかったシミなど、急な肌変化に慌てる人も少なくありません。そうならないように、季節に合ったケアはもちろん、年齢に応じた悩みに対応するエイジングケアが求められます。

エイジングケアのスタートは早ければ早いにこしたことはありません。とはいえ、あまりにも油分がたくさん含まれているようなアイテムを使うと、肌にしっかり油分がある若い人は吹き出物につながってしまうことも。乾燥肌、脂性肌、普通肌、混合肌など自身の肌タイプを見極めた上で、ぴったりのエイジングケア化粧品を選ぶことが大切になります。ただし紫外線対策は全年齢がすべき対策。とはいえ日光浴は大切です。メラニン色素が少ない手のひらを太陽にあてる「手のひら日光浴」なら、ビタミンDを生成しながらも、顔など日焼けしたくない部分を守れますよ。

 

もちろんコスメだけではありません。内面から美肌を保つ取り組みは、年を重ねるごとにより重要になってきます。バランスの良い食事、規則正しい生活など、肌だけでないエイジングケアは、「いつから?」と言わず、今日、今から始められる対策です。「仕事が忙しい」「何から始めればいいのかわからない」という人は、まずはサプリメントや美容ドリンクなど手軽なアイテムを活用するのも一つの手です。

 

目の周りの小じわ、ほうれい線、たるみやくすみ、シミ、ハリの喪失など、エイジングサインが見え始める前に、適切なエイジングケアを始めましょう。