いよいよスギ花粉が飛散し始めました。そういえばなんだかムズかゆい、肌の調子が悪い、体調が優れない……そんな自覚症状が現れ始めた方も多いかもしれません。花粉にかかわらずマスク着用は必須ですが、飲み薬や点眼薬・点鼻薬市販薬を使う、玄関での花粉の払い落としや外に洗濯物を干さないといった対策がしばらく必要になりそうです。

 

また食べ物による体質改善も、花粉症対策としては効果的といわれています。もちろん1食や2食で体質が変わるわけではないため、すぐに効果は出ません。それでも継続していくことで花粉症などアレルギー症状の緩和が期待できます。

 

まず推奨されるのが腸内環境の改善。約7割の免疫細胞が集中していると言われる腸を整えることで、免疫が正常に働くからです。いわゆる「腸活」のための食べ物を選択すればOK。食物繊維の多い食材、ヨーグルトや納豆などの発酵食品などをバランスよく摂取して、腸内環境をしっかりと整えましょう。

最近では『すごい納豆 S-903』という商品名の納豆が売られていますが、これは花粉症に効果があることが研究により明らかとなっているもの。免疫力を整え、インフルエンザや通年性アレルギーにも対応しているとのこと。また花粉症対策素材として知られる「じゃばら」と呼ばれる柑橘類の一種は、飴や果汁、サプリなどで販売されています。

 

食べ始めてすぐに効果が出るというものではありませんが、継続して摂取することでつらい花粉症の緩和が期待できる食材、そして体質改善につながる商品がたくさんあります。「今さらやっても間に合わないのでは?」と消極的な方もいるかと思いますが、花粉症は来年もやってきます。思い立ったが吉日、今すぐ始めればそのぶん早く楽になれるかもしれません。特に腸内環境は2週間もあれば「劇的に変わる」とも。全身の健康維持も含め、今すぐ花粉症対策を始めましょう。