今回も引き続いてスギ花粉症に関するお話です。アレルギー性鼻炎の治療は服薬・点眼薬・点鼻薬・注射などさまざまありますが、現時点で唯一根治させることができるのが「舌下免疫療法」です。ただし、この舌下免疫療法は、アレルゲンが「スギ花粉」「ダニ」のみ。しかしこの2つが原因のアレルギー性鼻炎なら、根治が期待できる治療法となります。

 

舌下とあるとおり、舌の下にアレルゲンから抽出された物質を含んだ薬を置き、しばらくしてから飲み込みます。春の花粉症シーズン以外にも毎日服薬を続け、免疫を徐々に作っていくという治療法です。そのため、今日明日で治るものではなく、3~5年という長い時間をかけてじっくりと取り組むもの。少量から服用していき、徐々に増やしながら一定量を飲み続けます。2014年からこの舌下免疫療法が開始され、実際に治療を終えた方も多数いらっしゃいます。

もちろん完治に至る方ばかりではありませんが、この治療法のおかげで症状が緩和したという人も多いよう。春のスギ花粉シーズンからのスタートはできないようですが、スギ花粉がおさまった5~6月くらいから、スタートできるそうです。

 

実際に始められる年齢は5歳以上から。1回目は医師の監視下で行いますが、2回目以降は自宅で行え、通院の手間も省けます。また注射といった痛みを伴うものではないため、お子さんでも始めやすい治療法と言えます。

 

逆にこの治療ができない人は妊娠中の人。そして治療期間が3~5年と長期にわたることから、その期間に妊娠を希望している方もNGです。また重いぜん息や心臓疾患の治療薬を飲んでいる方も、舌下免疫療法はできないとのこと。特に妊娠・出産が考えられる女性であれば、来るライフステージを見越して、若いうちに取り組んでおくことが推奨されます。

 

このスギ花粉、ダニの舌下免疫療法は保険適用の治療です。毎年花粉症に苦しんでいる方は、根治をめざし治療を検討してみてはいかがでしょうか。