おじいちゃんやおばあちゃんなど高齢者から「何度も同じ話を聞いた」という経験はありませんか。その昔、この現象は「病気」と見なされることがあったそうですが、1960年代にアメリカの老年学のパイオニアであるロバート・バトラー医師によって、これが「よい意味のあること」としてとらえられ、「回想法」と呼ばれる心理療法が提唱されるようになったそうです。

 

この回想法は認知症リハビリとして取り組まれており、個人でもグループでも、支援者が認知症患者の思いを受け入れながらコミュニケーションを行います。時に写真や絵などを使うそうですが、基本はじっくりと話をいていくだけ。プライバシーに配慮しながら、その人が触れられたくない内容を避け、患者の話したいことを聞いていきます。

 

大切なのは否定しないこと。過去の出来事の年代が間違っていたり、事実と違うことを言っていたりしても、決して否定はせずに受け入れる必要があります。この回想法は「正しい記憶」を引き出す必要があるものではないからだと言います。また時にはネガティブな過去であっても、嫌悪感を出したり咎めたりすることはあってはいけません。あくまでも患者の「今現在の過去の記憶」を引き出し、それによってさまざまなポジティブな感情を抱いてもらうことを目的としているからなんだそう。

「自分の話を聞いてもらえた」という精神的な安定ももちろん、今自分の身に何が起きていてどういう状況なのか分かりにくくなってしまっている認知症患者が自分の存在を再認識したり、自分が築いた過去を振り返って自信を取り戻したり。認知症と上手に付き合いながら明るく前向きに生きていくための“治療”が回想法なのです。

 

おじいちゃんおばあちゃんの話を聞いていると「またか……」と感じてしまうこともありますが、これは最後までその人らしく生きていこうとする本能なのかもしれませんね。医師や看護師、介護士でなくても、寄り添う心さえあればできる回想法。もしそのような機会が訪れた際は、ぜひゆっくりとお話を聞いてみてください。