日々忙しく過ごしていると時間が過ぎるのはあっという間。気がつけば桜が咲き始め、本日からは4月になってしまいました。月初恒例の「肌対策」の注意点を挙げてみましょう。

 

日中の陽射しはあたたかいとはいえ、日陰だと寒く、冷たい風が吹くこの季節。寒暖差や春風は肌にとって決してよいものではありません。またスギ花粉など季節性の問題も重なって、肌が不安定になりがちです。大切なのは、やはり保湿。この時期はまだ冷えるため暖房を使うことも少なくありませんが、日中のあたたかさもあって、ついつい気がゆるみがち。美肌の基本は「保湿」です。4月の肌対策も、保湿が第一優先といえるでしょう。

また、この時期からぐっと強くなる紫外線も侮れません。7月にピークを迎えると言われる紫外線量に迫るほどの勢いがあり、「まだ大丈夫」と思っていると痛い目に遭うことも。外出時には日焼け止め、日傘や帽子などのアイテムを使って、肌を守りましょう。

 

これからのシーズンは外でのイベントも増える時期。特にオープンエアでのイベントは「新しい生活様式」として、推奨されていくのではないかと考えています。4月は冬と夏の両方のダメージがある時期であることを頭に置いて、冬用ケア&夏用ケアをミックスさせた完全防備で臨みましょう。