まだまだ特に朝晩は冷え、昼間でもコート着用しなければならない日もある4月初旬。寒暖差や暖房による乾燥など、お肌にはまだまだ過酷な環境が続いています。これからどんどん暖かくなるにつれ、今度は寒暖差や乾燥ではなく、紫外線など新たな問題も生まれてきます。

 

紫外線を浴びると日焼けをして肌にさまざまなトラブルが出てきます。これは誰もがご存知のことかと思いますが、なかには光線過敏症という、いわゆる日光アレルギーを発症する人もいます。紫外線が当たった場所が赤くなったり、ブツブツと発疹ができたり、それに伴い強い痒みなどを覚えたり。アレルゲンである紫外線に当たるとあっという間に皮膚が腫れあがってしまうそう。そして通常数時間以内にこの腫れは消失するといいます。

これは大量に紫外線を浴びたケースではなく、日焼けにもいたらないほどの紫外線量で症状が出てしまうそう。特に紫外線が強くなりはじめる春に症状が出る人が多いのだとか。日光に当たる機会が少なかった冬を経て肌が敏感になっており、春に急に強くなった紫外線に当たることでこうした症状が出てくることもあるそうです。

 

こうした日光に当たるだけで症状が出てくるアレルギーもあれば、お薬を飲んだり塗ったりしたあとに紫外線を浴び、光線過敏症が出てくることも。こうした化学物質によるアレルギーの場合、特に自分に合わない日焼け止めなどが誘発物質となって紫外線アレルギーを引き起こすと、日光を浴びてない皮膚にも発生することがあるそうで注意が必要です。皮膚科などを受診する際は、そのとき塗布した日焼け止め、あるいは服用中の薬を持参すると原因の特定につながりやすいとのことです。

 

日光アレルギーを起こさないためには、日焼け止めやUVカットの衣服、日傘といったアイテムを駆使して紫外線暴露をできる限り回避すること。その日焼け止めなどが原因となり得る場合もあるため、購入してすぐに広範囲で使用するのではなく、皮膚パッチテストを行ってから使うなど、アレルギーが起こらないかどうかを確認してから使用するようにしましょう。