多くの食品に使われている「人工甘味料」。アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロースといった非糖質系の人工甘味料は、「低カロリー」「低糖質・糖質ゼロ」の加工食品にはもはや欠かせないもの。“人工”と聞くと体に悪そうな印象も受けますが、実際には多くの清涼飲料水や加工食品に使われています。

 

非糖質系とあるとおり、ぶどう糖が入っていないので血糖値には影響を与えません。甘いのに、です。「それでは体に悪いどころか、とてもいいではないか」と思ってしまいそうですが、甘味を摂取しても血糖値上昇がないため、脳もすっかり騙されて食欲がさらに促進されてしまうのだとか。また近年は腸も甘みを感じ、腸からの指令でインスリンが分泌されるなど腸が糖代謝に影響を与えているとも考えられているほか、マウス実験ではある人工甘味料により腸内細菌叢の変化が認められ、糖尿病に進展する可能性のある「耐糖能障害」が生じたことも報告されています。

人工甘味料と体の関係はまだまだ不明な点も多いそうですが、「甘いものを食べているのに血糖値が上がらない」というのは、人体に混乱に陥れるものなのかもしれません。また人工甘味料入りの清涼飲料水を飲み続けると、脳梗塞や認知症などの発症率が高いとも言われています。が、人工甘味料は血糖値を上げずに甘いものを食べたい、という人にとっては救世主的存在でもあり、一概に「摂るな」というものでもありません。最近の糖質オフブームにより人工甘味料はさらにその存在感を増していますが、カロリーや糖質量のみにとらわれて制限のない摂取をすることは避けるべきでしょう。