体に悪影響を及ぼすものとして認知されている「活性酸素」。呼吸から取り込んだ酸素の約2%が体内で活性酸素に変わるといわれていますが、酸化力がとても強く、活性酸素が過剰になると細胞に障害を与えてしまいます。この過剰な酸化力におる酸化ストレスが、がんや生活習慣病、認知症、老化につながることは皆さんご存知の通りです。

 

しかしこの活性酸素は、過剰になりすぎなければ実は体にとって非常に重要なもの。細胞伝達物質として、また免疫機能として、感染防御なども含め私たちの体のために働いてくれているのです。活性酸素が体内で作られていても、体を防御する抗酸化防御機構が体内に備わっており、酸性を抑制しつつ、活性酸素によるダメージを修復したり細胞を再生させたりしてくれています。

ただしこの防御機構のバランスが崩れると、「酸化ストレス」状態となり、体にとって害がある状態となります。紫外線、たばこ、環境、過度な運動、ストレス……などなど、さまざまな原因により活性酸素が過剰になる酸化ストレス状態となり、がんや生活習慣病、心血管疾患などを引き起こすわけです。

 

活性酸素を過剰産生させず、細胞伝達物質や免疫機能として正常に働いてもらうためには、この防御バランスをしっかりと保つことが最も大切です。日々の食生活に気をつけ適切な栄養をとること、また十分な睡眠でストレスをためないようにしましょう。また過度な運動は活性酸素を増やしてしまいますが、「適度」な運動はとっても重要。無理をしすぎず、心も体もリフレッシュできる運動がおすすめです。