GWが明けたと思ったら、全国的に梅雨入りが早まるとの情報が……。先日、新しい年が始まったばかりなのに、気がつけばもう1/4以上が経過しています。連休中は気温が上がるところも多く、北海道でも30℃を超えた地域もあるのだとか。すでに「真夏」の気温ですね。熱中症に加え、これから夏に向けてどんどん増える紫外線にも改めて注意が必要です。

 

紫外線を浴びると、肌は“日焼け”をします。透き通るような白い肌を維持したいなら、日焼け対策は必須です。「多少の日焼けはかまわない」という人が男性を中心に少なくないかもしれませんが、紫外線は肌の色を変えるだけでなく、さまざまな肌トラブルにつながるため、男性でも女性でも、夏場の紫外線対策はマストです。

例え弱い紫外線だったとしても、肌に蓄積されたダメージは肌内部のバリア機能低下を引き起こします。余計な角質が滞った肌は、水分がどんどん逃げてしまい、夏なのに乾燥状態に。このような状態で何らかの刺激が加われば、肌表面のきめが失われてごわつくなどの肌荒れが起こったり、角質が毛穴をふさいでニキビとなったり、たるみにつながったり。もちろんシワ、シミ、くすみにもつながります。

 

さらにアトピーに悩む方も紫外線は要注意。もともと乾燥しやすく刺激に弱い肌は、紫外線を浴びると悪化してしまう可能性も。日焼け止めが使えない場合は、UVカットの衣服、帽子や日傘などのアイテムを駆使して紫外線対策をしましょう。

 

強い日差しの日だけでなく、曇りや雨の日も紫外線は降り注いでいます。また、自宅の窓からも紫外線は侵入してきます。美肌を守るためには、屋内にいても注意が必要。夏本番を前に、自身の紫外線対策を見直してみましょう。