皆さんは熱いお風呂とぬるいお風呂、どちらがお好きですか? 私は、ゆっくり浸かりたいときはぬるめ、さっぱり爽快な気分になりたいときは熱め、といったように気分で変えています。昔はタイマーをして湯を温め、手で温度を確かめてから入浴していましたが、最近のお風呂給湯器は温度設定が可能。夏場は40℃、冬場は43℃をベースにお風呂を沸かしています。今回はお風呂の適温について調べてみました。

 

入浴の温度は、以下の3つのカテゴリーに分かれていて、美容・健康効果がそれぞれ異なるそうです。

 

★37~39℃の「微温浴」

★39~42℃の「中温浴」

★42~45℃の「高温浴」

内臓の働きや代謝、体温のコントロールなどを行う自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、24時間働き続けています。ぬるめの「微温浴」は、夜間やリラックス時に働く「副交感神経」を刺激するので、血圧や脈拍が低下し、精神の緊張も筋肉もほぐれます。ストレスがたまっているときやイライラするとき、筋肉疲労があるときは、ぬるめのお湯にゆったりと浸かるのがおすすめです。

 

また、「微温浴」には花粉症の不快な症状を軽くする効果もあるとか。副交感神経が活発になるため、鼻がすっと通ったり、気分が落ち着いたり。また冷房などで乱れてしまった自律神経を整えるのにも「微温浴」が最適です。「春~夏はぬるめのお湯」をお試しください。

「中温浴」の39~42℃は、副交感神経から昼の活動時に活発化する「交感神経」へと移行する温度。脈拍や血圧が上がり、汗もかきやすくなります。代謝も活発になり体も温まりやすいので日々の入浴に一番おすすめの湯温です。子どもから大人まで、誰もが最も入浴しやすい温度なので、「中温浴」は体調に応じて選択するのがいいでしょう。そして風邪を引いたときは「中温浴」がベスト。湯冷めをしないように気をつけて、汗を流しつつ血行をよくしてぐっすり寝ましょう。しかし高熱や吐き気などの症状があるときの入浴はNGです。体調不良時の入浴は、必ず医師に相談してから行うようにしてください。

 

熱い熱い「高温浴」。子どもの頃は苦手でしたが、大人になるにつれ自然と熱いお湯が好みになる方も多いのではないでしょうか。温泉や銭湯でもこの湯温は高齢者を中心に人気があると感じています。「中温浴」よりもさらに交感神経が刺激されるので、すっきりしない朝におすすめ。「なんだか仕事に行きたくないな」と思ったら、熱いお湯に浸かって、仕事モードに切り替えましょう。また、交感神経が活発になると食欲抑制の効果もあるとか。美容はもちろん、食べ過ぎた年末年始をリセットしたい方は「高温浴」もぜひ試してみてください。

ただし! 以前にもお伝えしていますが、「高温浴」は一気に血圧が上がるため、特に心臓病や高血圧、動脈硬化症などの疾患を持つ方はリスクが高まります。また妊娠している方、乳幼児も高温のお湯は刺激が強すぎますので、体調を考慮しながら40℃前後のお湯でゆっくりと浸かりましょう。

 

好みのお風呂の温度は人それぞれですが、湯温によってこれだけ効果が違います。入浴時間や心身の状態に合った湯温を選んで、最大限の健康・美容効果を得ましょう。