前回コラムでお伝えした通り、今回のテーマは「ヒートショック」。まずはヒートショックとはどういったものなのかを調べてみました。

現代カタカナ語辞典によると、ヒートショックとは「急激な温度差が健康に及ぼす悪影響。寒い脱衣所と熱い浴槽内との大きな温度差により血圧が急上昇・急降下し、血管の拡張・収縮に対応できない高齢者が脳卒中や心不全を起こす危険がある」というもの。

消費者庁が令和元年12月に発表した注意喚起資料では、「高齢者の入浴中の『おぼれ』による事故は、11 月~3月の冬季に多く発生している」といい、「寒暖差などで急激な血圧の変動があると、脳内の血流量が減り意識を失うことがあり、これが入浴中に起きると溺水事故につながる」と、ヒートショックが原因の入浴事故に注意するよう呼びかけています。

またヒートショックは失神のほかにも、脳梗塞、心筋梗塞、不整脈などの症状も見られ、高齢者だけでなく生活習慣病患者もその危険性は高まります。

こうした症状は前述の通り“急激な温度差”による血圧の急上昇・急降下から発生するもの。では入浴時に何を注意したらよいのでしょうか。

【注意ポイント①】

ヒートショック対策を考えるとき、多くの人は熱いお湯に入る瞬間に注意すべきだと考えるでしょう。しかし、脱衣所からその危険性はあるのです。暖房で暖まった部屋とは違い、脱衣場や浴室は冷えていることがほとんど。そこへ移動するときから注意が必要です。暖かいところから寒いところにいくと、血管が収縮し血圧が急上昇します。まずここが第一の注意ポイントです。

【注意ポイント②】

寒い脱衣場・浴室を我慢し、浴槽へ。ここで熱いお湯に入ると収縮していた血管が拡張し、血圧が急降下。気を失い、浴槽でおぼれてしまう方もいます。手足から体を慣らしながら、徐々に体の中央にかけ湯をしましょう。かけ湯はマナーとしてだけでなく、ヒートショック予防にも大変重要です。

【注意ポイント③】

無事入浴を終えても、まだ危険は残っています。しっかりと温まった体でも、再び寒い脱衣所に戻ると血管が収縮し血圧は急上昇。①と③の血圧の急上昇は、心筋梗塞や脳卒中などが起きやすいため、注意が必要です。

①③の対策は、暖房で脱衣場や浴室を暖めておくこと。浴室暖房がない場合は、洗い場や壁にシャワーや浴槽の湯をかけて温めるといいでしょう。急激な温度変化を避けつつ、のぼせや熱中症を予防するためにも湯は41℃以下、浸かる時間は10分以内を目安にするとよいとのことです。

全国の男女2530人を対象にした「入浴に関する意識調査」【リンナイ調べ】によると、ヒートショックの危険性が高まる41℃以上で入浴している人が半数以上、さらに目安となる10分以上の入浴は約3割となっています。あらかじめ脱衣場を暖めておくなどヒートショック対策を習慣化している人は2割未満といい、まだまだその危険性の認知度は低いのです。

 

さらに高齢者や生活習慣病の人だけでなく、老若男女誰もがヒートショックの危険があると指摘するリンナイでは、医師監修の「入浴準備呼吸」を推奨しています。入浴前に腹式呼吸を行うことで、交感神経を抑え血圧が安定するとのこと。詳細な方法はリンナイのページでご確認ください。また、一人の時間の入浴を避け、見回りをお願いするのも事故防止策の一つ。可能であれば家族がいる時間、起きている時間に入浴を済ませましょう。

 

いよいよ2月。これからさらに寒い日が続きます。安全な入浴を心がけ、ヒートショックから身を守りましょう。

 

[参考]

消費者庁「みんなで防ごう高齢者の事故!」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_009/pdf/consumer_safety_cms204_191218_01.pdf

 

リンナイ株式会社「入浴に関する意識調査」

https://www.rinnai.co.jp/releases/2018/1101/images2/releases20181101.pdf