さて、今回は住環境がアレルギーに与える影響について考えてみましょう。そもそもカビはダニの餌になりますが、ダニが増えることを何とも思わない人はいないでしょう。なぜなら、ダニは皮膚を刺すだけでなく皮膚に寄生することもありますし、さらにダニの死骸は細かくなって飛散し、それを吸い込んだりすることでアレルゲンとなってしまうからです。さらに、カビ自体で考えても、その胞子が人体に入ることでアレルゲンになってしまいます。

 

住環境とカビ、ということでいうと、マンションはとてもカビが増えやすい環境だといえます。カビが高温多湿を好むことは想像に難くないと思いますが、マンションに多い鉄筋コンクリート構造は、とても結露が発生しやすいことで知られています。これは、コンクリートも、窓ガラスも、アルミサッシも、すべて熱伝導率が高いことが理由です。つまり、熱しやすく冷めやすい、そのことによって生じる周囲との温度差によって、結露が生じるわけです。結露とは見てお分かりの通り水です。カビが水回りに生えやすいことは経験上お分かりだと思いますが、マンションは構造上、結露が生じやすく、そのため建物自体が水回りになっていることも考えられるわけです。

 

昔の木造建築ではこのようなことはありませんでした。木材は熱伝導率が低く、熱しにくく、冷めにくい素材です。そのため、結露が生じることはそれほどありません。また通気性が良かったことも、現代のマンション建築と違うところです。また間取りも入り組んでおり、窓を開ければスカーっと風が通り抜ける、というようなこともあまりありません。

 

それではどうすればいいのでしょうか?まず熱伝導率が高いことが問題なのですから、断熱材が使われている部屋を選ぶ、というのが一つです。構造上、断熱材が入っていない建物の場合、壁や天井、床に断熱材を内側からリフォームで設置するという方法もあります。

また結露が目に見えて発生するようなアルミサッシは、樹脂製のものに変えるのがいいでしょう。樹脂はアルミの1000倍の断熱効果があるといわれています。

 

さらに、室内の湿気をうまく吸収してくれるような素材もあります。天然の断熱材ともいわれるセルロースファイバーなどは、断熱にもなりますし、また自然に湿気を吸ったり吐いたりしてくれますから、一石二鳥の素材といえます。

 

このようにカビが発生しにくい住環境を整えることで、カビ自体が抑えられるほか、ダニの繁殖を抑えられることにもなります。一度、あなたの住環境も見直してみてはいかがでしょうか。